第2ボタンは誰の物?
みんな卒業おめでとう!
弐式が中学生時代に描いていたアホ漫画
『あした照留樹(てるき)になあれ』、
略して『あしてる』をリメイク。
以下メモがてら作品紹介。

舞台はETORO市立第弐中学校。
引っ込み思案で目立たない存在だった主人公が
進級を機に自分革命を起こそうと意気込むが、
その2年4組の担任、新任の照留樹は
ちょっと……というかだいぶオカシイ先生で…!?というお話。

ヒムタク(誰も呼んでないけど) 日村 拓夜(ヒムラタクヤ)
 中段右。心優しいが引っ込み思案な主人公。天然系。
 花係もやらない花壇の世話を1人やっている。
 幼なじみの三科、安倍とは笑顔で話す事ができる。

モテモテのワル 三科 圭(ミシナケイ)
 上段。ちょっとワルで、近づきがたい存在。
 しかしそのカリスマ性から手下が集まっている。
 そんな自分に物怖じせず話しかけてくる拓夜に少し困惑している。

弐中のマドンナ(誰も呼んでないけど) 安倍 涼子(アベリョウコ)
 下段右。端正な顔立ち、常に冷静。
 何にも興味がないように見えてしっかり物事を把握している。
 そのクールビューティーっぷりからファンも何人もいるとか。

名前はまだない 三科の手下(ミシナノテシタ)
 中段左。三科の強さ、男らしさに惚れこんで
 いつもそばにくっついている。
 青モヒカンはもちろん校則違反。

ムピーー 青浜 照留樹(アオハマテルキ)
 下段左。ケツアゴの2年4組担任。担当は社会。
 アゴを自在に伸ばして物を取ったりする。よくわかんない。
 タイトルに名前があるのに紹介は最後、そんな存在。
 超勘違イスト、超ポジティブシンキング。
 そんな彼にも愛する妻と娘2人がいる。
 しかし総すかん。


…といった感じで。
今回は卒業シーズンという事で、
三科が卒業生の女子達から第2ボタンをねだられる中
よく意味の分かっていない拓夜がはいはいと立候補し、
手下あわてて涼子静観、照留樹は無視。


漫画原稿用紙A5、タチカワスクールペン、
開明まんが墨汁、コピック
( 07.03.08 )
戻る
inserted by FC2 system