バルコニーのハッカ
バルコニーのハッカ
 パーティーに飽きてしまったのか
バルコニーで1人降る雪を眺める少女に声を掛けると
「ケーキ…もう1つ持ってきてくださいません?」
とイルミネーションに照らされながら彼女は言った。
…的な。結局食い意地。

髪下ろしたらこんな感じだろうなー。


漫画原稿用紙A6、コピックマルチライナー、コピック、ホワイト
( 08.12.01 )
戻る
inserted by FC2 system